営業時間短縮を延長いたします
  • ホーム
  • ARTICLES
  • QUESTION通信vol.5フロア説明
ARTICLES

QUESTION通信vol.5
フロア説明

QUESTION通信vol.4では、ビル現場の様子をお送りしました。
今回は、ビルのパースと一緒に全フロアの特徴を説明させていただきます。

【1階 学生・起業家のチャレンジの場】

1階エントランス正面にあるのは、awabar(カフェ&バー)のカウンター。
京都芸術大学の学生が設立した(株)cheersityが運営してくださいます。その奥には、地域の起業家や企業が、新商品・新サービスのテストマーケティングができるチャレンジスペースを設けています。
ここでは、新たな出会いと発見(!)の場を提供していきます。


【2階 自由席のミーティング・コワーキングスペース「Question」】

2階には、受付とコワーキングスペースがあり、私たち運営スタッフが常駐しています。
基本的な利用案内だけではなく、みなさんの問い(?)やプロジェクトのサポートなども行います。


【3階 固定席のコワーキングスペース「Question」】

3階は、有料会員様限定スペース。
仕事や作業に集中できるワークスペースとして、テレカン用の席や、個室ブース、シャワールームも用意しています。起業前後でオフィスをお持ちでない方や、個人・法人のリモートワークなどに活用していただけます。


【4階 交流・表現の場 「Community Steps」】


3階から4階にかけて2フロアを跨いだこの大きな階段は、70人を収容できるイベントスペースです。
イベント使用時以外はコワーキングスペースとしてもご利用いただけます。また、この大階段を上がった先にはセミナールームもございます。
祇園祭の際は、山鉾巡行の辻回しを観覧できる絶好のビューポイントにもなっています。


【5階 学生と企業がプロジェクトを通してつながる場「Students Lab」】

こちらは、学生さんが主役のフロアです。プロジェクトスペースや個室があるので、プロジェクトやイベントなど様々な用途でご利用いただけます。
また、学生が目標とする起業家や企業、社会人に出会う機会を提供することで、学生の起業意欲を高めたり、地元への就職を視野に入れるなど、多様な選択肢に気づく(!)場となります。


【6階 京都信用金庫 河原町支店】

こちらは、生まれ変わった京都信用金庫 河原町支店。
金融面における問い(?)や悩みをサポートすることで、事業展開をQUESTION全体で支援します。
また、同支店の強みである「地域の方とのつながり」を通して、みなさんを地域のネットワークにつなげていくことで、河原町エリアの活性化を促進させます。


【7階 130名を収容できる会議室「Creative Commons」】

セミナーやイベントなどを開催できる有料スペースです。
懇親会付きのイベントをお考えの方は、8階のDAIDOKORO(コミュニティキッチン)を合わせてご利用いただけます。


【8階 食を通してコミュニティを創出する場「DAIDOKORO」】

地域・家族・会社の様々なコミュニティに使ってほしい場。
ここでは、食べるだけではなく、みんなで一緒に作ることで、人と人がつながる体験を“食”を通して提供していく有料のコミュニティキッチンです。
食文化の交差点として、地域の方々がこだわり抜いた「食材・調味料・酒・器」などを通して、「生産者・料理人・食べる人」が出会う場となっています。


最後までご覧いただき、ありがとうございます。
今後も引き続き、QUESTIONについてご紹介していきたいと思いますので、ぜひ楽しみにしていてください。

新規投稿